この3つは譲れない!初心者が知っておくべき株で儲けるための3つの注意点

株投資には、いろいろな要素が絡んできます。

タイミングだったり、その時の相場の流れだったり、
デイトレなのか中期トレードなのか、などの投資スタイルなどなど。

 

投資は流動的なので、これは絶対だ!というような確実なことは言えないのが常です。
ただ、そんななかでも、これはおさえておくべきという確実なことがあります。

 

それは株で儲けるためには、ある種の守るべきポイントがあるのです。

以下の3つは、そんな守るべきポイントで、株で儲けるためには基本的でとても重要です。

 

A. 早めの利益確定

利益の確定は早めにやってしまいます。

ある程度、持っている株の値が上がってきたら、すぐに売って利益確定をしてしまいましょう。
こうすることで、コツコツと少ないですが、儲けを確実に自分のものにしていきます。

というのも、値が上がってくると人間は感情的になる動物なので、
ついつい、もっと多くの儲けをその株から得たいと思ってしまうからです。

 

ただ、値が上がっているといっても次の瞬間にガクッといきなり下がる場合もあるのです。
そうなると儲けどころか逆に損になってしまいます。

 

最初の段階で、いくらまでいったら【売る】というのを設定しておくのがいいです。

 

B. 損切りの設定タイミング

上記の利益確定と同じ考えですが、損害を最低限でとどめておくためには
損切り設定もしておかないといけません。

だから、損切りのタイミングもできるだけ早めにする、
というのをひとつの目安にしてください。

 

損切りは自分の資金を守る唯一の手段ですので、塩漬けを防ぎよけいなお金を出さないためにも
ここはしっかりと設定しておきましょう。

 

C. 逆張りの相場を理解する

株で儲けるための基本的なトレード方法は【株を安く買って、高く売る】
これが大前提ですが、投資にはその他にもいろんな方法で株で儲けることができます。

 

その一つが逆張りという方法で、信用取引を使ってやります。

 

逆張りの方法を覚えると投資に確実性と自信が持てるようになります。

この方法だと株価が値下がりしていても、というか値が下がれば下がるほど、
株で儲けることができるのです。

 

「なんだか難しそう」と感じてしまいますが、実はそのやり方は単純なんです。
 

株式投資をしていれば、相場が逆の局面にも遭遇するので、
逆張りの仕方を覚えるというよりは、実践で身に付けていくケースが多いです。

 

信用取引を覚えておけば、相場がどのような状況でも設けていくことが可能になります。

 

以上の3つポイントを抑えて株投資の知識とテクニックを身に付けていけば、
初心者でも着実に稼げる株式投資を実現することは可能です。