大したことではないんです、
その昔、自分がやってて「おっ!」と思った銘柄選定方法を紹介します。

この方法でけっこう当たったし、経済にも強くなれるので、
「どうやって銘柄を決めればいいのか?」と分からない場合には
きっかけになってくれるかもしれませんよ。

選定方法には見極め方のポイントがあって、

1.最近妙にTVCMで放送されるようになった。
2. 新しい産業につながっている

というものがあります。


過去の例ですが、たとえば、ドワンゴ

この会社はある期間にいきなりTVCMで頻繁に放送されるようになりました。
そこから「ピン」ときて、株価が安いうちに【買い】に走り、
株価が上がった時に売り抜いた記憶があります。

もう一つは、産業ロボットの会社。
現在も続いてるので名前は伏せますが、これからの時代は高齢化社会になっていきますよね。

介護事業は現在も成長産業です。

しかし、介護士が足りないという問題もあります。

 

そこで注目を集めているのが、ロボットによる介護。

人間ほどの役目はまだまだ先ですが、簡単な作業などは
ロボットでも十分にこなせるまで来ています。

 

そんな中である会社はロボット事業に介護を組みわせているんです。

こういう新しいけど需要が見込める会社の株は
今後伸びる可能性が多いにあるので、積極的に取り入れています。

 


と、ここまで書いていて言うのもなんですが、
これってけっこう骨の折れる仕事なんです。

毎度経済動向をチェックして、いけそうな企業を探しまわるのは時間もかかります。


これを効率化できれば、株投資ももっと楽になるんですよね。

こういう時は、杉山てつやの株【6つの条件】なら、
確実にもっと効率よく銘柄を選ぶことができるんです。