株投資と税金の関係について

 

どのような証券会社を使って株の売買を行えばいいのかなど、分からないことが多いです。
誰しもが儲けたいと考えて株投資を開始する所以ですが、全ての取引で利益を出せる人はあまりいないでしょう。株式投資に取り掛かるには銀行口座を開設しなければなりません。

初心者に一押しなのがインターネット証券です。
ネット証券は種々の手数料が安くセーブされているので、利益を取得しやすいと言えます。ネット証券によってサービス内容に差異があるため、照合してから口座を創りましょう。


私はアベノミクスという言葉を耳にしたので、よく知らないまま、株を始めたばかりの未経験者です。
初めはまったく儲からず、損失でヒーヒー言っていたのですが、いまでは景気が改善したのか、私のスキルがよくなったのか黒字になるように変わってきました。
株取引では、株式チャートを参考にして売買について考える手法があります。


そして、その1つの方法が押し目買いという名で知られている手法なのです。株価が移動平均線と接する値を底値だと考えて、その底値近くの数字で、株を買うというのが押し目買いというやりかたです。これまでの経験によると、今後、株価の上昇が期待できるポイントだといえます。信用取引とは現物株や現金を担保として資金以上の取引、空売りができることが大きな特性でしょう。


特に空魅力は、下落相場で大きな力を発揮し、上手く利用できれば上げ相場の際でも下げ相場の際でも稼げる武器となるのです。

ただし、資金以上の取引は借金と同じなので、初心者は資金管理をきちんとすることが重要です。

株式を売り、利益が出た時の税金は申告分離課税が原則ですが、証券会社にて開設した特定口座による取引の場合はその人に代わり、その都度、20%の税金を源泉徴収してくれるのです。

確定申告の手間がかからない親切な制度ですが、損失繰越をする際などは確定申告をすることとなります。株のビギナーから投資資金はいくらぐらいで始められるのかと問われたら、私は最低100万円くらいは準備しないと、株式投資を始めるのはハードだと思います。

その理由はこれくらいの原資があれば上場している多数の銘柄の中から目についた投資先をセレクションすることができるからです。株の収益というのは、株価の変動で発生した利益と、会社から配当で支払われる金銭という利益の二つがあります。株価の変動を読向ことは難しいと思っているような初心者の人は、株価が落ち着いていて、一定の配当を毎期支払う会社の株を買うことによって、配当による定期的な収入を得ることも良い投資方法の一つでしょう。自分は最近株を始めたばかりの初心者で、株初心者の本を買いもとめ、学んでいます。参考になった本も多いのですが、「あれ?この本と書いてあることが違ってる?」と少々疑念を持ってしまうような本もありますが、良いところも悪いところも全て学んでいきたいです。